弘前市の整体院 土日祝も営業・城東地区

夜間・土日も診療

ご予約・お問い合わせはこちら

0120-910-437

【6/30(木)~7月5日(火)研修のため休院】研修期間中の問合せは予約フォームか留守電にメッセージをお願いします

土日祝日も営業・完全予約制

0120-910-437

9:00~19:30
木曜定休(祝日は振替)

弘前市の整体院 土日祝も営業・城東地区
〒036-8094 青森県弘前市大字外崎二丁目2-10

【6/30(木)~7月5日(火)研修のため休院】研修期間中の問合せは予約フォームか留守電にメッセージをお願いします

野球肩

肩の痛みに悩まされ、腕が振れなくなっていませんか?

投手にとって、とても大事な肩。
その肩が痛んでは、腕を振りたくても振れません。

痛みを気にせず、思い切り打者に向かって投げられるようになりたいですね。

野球肩の原因

肩を大きく回す動作を繰り返すことで起こります。

肩関節を使う動作の繰り返しにより起こる炎症や、肩の骨同士がぶつかり合うことで筋肉や靭帯に負荷が掛かり損傷した状態です。
中学生頃までであれば、上腕骨の骨端線(成長線)が離開して起こる場合もあります。

回旋筋腱板(ローテーターカフ)や関節唇の損傷、滑液包炎、ベネット損傷、亜脱臼障害など、野球肩と言っても様々な症状や、痛みの場所の違いがあります。

実際に施術をしていて思うのは、緊張と弛緩のバランスが大きく崩れた時に痛めるということです。
原因は、フォーム・球数・力み・球種・ボール・トレーニング・ケア・休息・萎縮・緊張など、一つではありません。

肩を休ませて痛みが引いたとしても、実際の状態は治ったのではなく、痛みが少し落ち着いた程度ではないでしょうか。
痛めた状態で投げ続けるともっと痛めますし、痛み止めで麻痺させて投げるのはさらに危険でしょう。
痛めた周囲を鍛えてカバーしようとしても、患部はそのままということです。
大きく痛める前に改善が必要です。

重い場合は投手を諦めたり、プロの投手であれば引退を決断するほどの深刻な状態にまでなってしまいます。
野手でも守備につけなくなったり、ポジションが制限されてしまいます。

当院の野球肩に対する施術について

身体の歪みやねじれを調整しながら、痛めた肩回りを施術することによって、肩がスムースに稼働する身体を目指します。
再発防止の他、ピッチングのパフォーマンスアップにも繋がります。

痛みが出たからといって、アイシングやマッサージをすれば良いというものではありません。
身体のどこが原因で肩が痛んでいるのか、フォームのどこが原因で痛めることになったのか、身体の状態や動きを実際に確認しながら施術を進めます。

また、肩を休めた方が良いのか、投げても大丈夫そうなのか、状態を診た上で判断します。
状態に合わせたケアやトレーニングについてもアドバイスいたします。
痛みの解消とパフォーマンスアップにより、青森県の野球レベルの向上に貢献したいと思っております。

つらい野球肩も、決して諦める必要はありません。
また思い切り投げられる肩を取り戻し、不安無く全力で腕を振って打者に向かって行きましょう。

プロ選手や本格的に競技をされている方には
通常の時間枠・料金とは別に、スポーツ整体+トレーニングコースとして個別にご案内することが可能です。
競技やプレースタイルに合わせてお見積りしますので、ご相談ください。

野球肩

長い距離のキャッチボールが出来るように

肩が数年間痛くて短い距離しか出来なかったキャッチボールも、長い距離を院長のおかげで出来るようになりました。

痛みの無い施術や内臓の効能も上げてくれる院長は、今までの整体院のイメージを払拭してくれること間違いなし。

接客業仕込みの対応はまさに心も体も癒してくれます。

弘前市 M.Y様 37歳 男性 会社員

0120910437 メールでのご予約